【灼熱カバディ】167話感想 俺たちは待っていた!彼の出番を!!激アツ展開への持っていき方が神過ぎる!!



出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第167話

灼熱カバディ 第167話「最終攻撃」感想まとめ

1 週刊オッターマン

嘘だろ嘘だろ嘘だろ

鳥肌やばいマジで激アツ

2 週刊オッターマン

ここで井浦が来るのかよ!!!

3 週刊オッターマン

行け井浦ァァァァァァ!!!!!!!!!!


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第167話

4 週刊オッターマン

リアルに泣いてしまった…

私の勘違いじゃなければ井浦は公式戦で初の攻撃じゃないですか?
能京に勝ってほしい もがいてくれ

5 週刊オッターマン

確かに六弦に「struggle」の意味を教えたのは井浦だったんだよな…
熱すぎる伏線回収


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第19話

6 週刊オッターマン

ここまで裏方に徹してきた井浦が…かっこよすぎ

7 週刊オッターマン

心臓バクバクだよ!!!
ここでまさかの井浦さんかよ!!!
もう次の列車は来ないんだ進め!!

8 週刊オッターマン

11ページ目で守備してたけど13ページ目ではもう守備やめてたオージョーノユージンよ、何手先まで読んでやがる

9 週刊オッターマン

部長「…慶が攻撃に出る事もあるかもね。」

この伏線ついにきた…!


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第81話

10 週刊オッターマン

試合終盤で疲れてるだろうに、高谷の意図に気づいて離れてるのが凄い
鳥肌やばいっす

作者は天才や

11 週刊オッターマン

奏和戦見てきてずっと井浦にも救いがあって欲しいと思ってた…ありがとう先生…

12 週刊オッターマン

チーム能京を育てた男がラストレイド・・・

13 週刊オッターマン

最後の高谷のやべぇって顔が熱いわ

14 週刊オッターマン

きっと王城か宵越が次の攻撃に行くと思ってたし、そう望んでた。
なのにラストで井浦が飛び出したとき、むちゃくちゃ嬉しかった。

15 週刊オッターマン

井浦は六弦の対角線にいるから触らずにレイド出来るね

六弦の格も落ちないし最高の展開

16 週刊オッターマン

高谷がガッツポーズした直後にハッとなるシーンで同時にハッとなって次の見開きで激アツ


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第167話

17 週刊オッターマン

「灼熱カバディ」と名乗って良い。

18 週刊オッターマン

30秒で5点差が埋まる展開なのに奏和の株が下がらないのが凄い

押し返しの動き方・不倒を予測した緒方・あがく高谷が文字数

19 週刊オッターマン

高谷が奥に来た意図を理解してた
高谷にもがくきっかけを与えた六弦にその言葉を教えた
この展開は全て王城の友人が作ったんだ

20 週刊オッターマン

「キュ」って井浦が攻撃に出る音を聞いた高谷がその名前を思い出すという表現がとんでもねえな。


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第167話

21 週刊オッターマン

攻撃手になる夢をこんな大舞台で叶えるのか…
その度胸やっぱり王城の友人はかっけぇわ

22 週刊オッターマン

サッカーでは熱を失った宵越がここまで感情剥き出しなの熱すぎる

23 週刊オッターマン

誰に聞いたんですかからの井浦のレイド演出。
すごすぎて涙出てきた笑

24 週刊オッターマン

あれだけ出番が欲しくて敵の攻撃から逃げてた宵越が「部長がやる」って考えて、高谷を初めから追い出しに行ってるの泣いた。


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第167話

25 週刊オッターマン

灼熱カバディ製作委員会の皆様、ご覧になってますか?
この熱さ、最後の最後までアニメ化したくなりません?

26 週刊オッターマン

らしくもない高谷のもがきがめっちゃかっこよかった
更にらしくもない井浦のもがきにも期待高まる!!

27 週刊オッターマン

武蔵野先生、休載せずに毎週こんな熱い展開の漫画ありがとうございます!
暑い日が続くのでご自愛ください!

28 週刊オッターマン

マジでさ六弦から薫陶を受けた高谷のらしくない粘りっていう熱い回想から更にそれを伝えた井浦に繋がるとかどんな構成力だよ凄い

29 週刊オッターマン

「心が折れるまで倒れてない」

世界組の圧倒的な力を傍で感じ、宵越や高谷の台頭にも腐らず自分の武器で戦う井浦さんのことやん

30 週刊オッターマン

5ページ、久納コーチの目も魔王化してる笑

31 週刊オッターマン

井浦の攻撃手待ってたけど魔王と不倒がいても井浦が攻撃手としてでる理由があるのか、のこれしかない答えがここでくるの熱すぎる

32 週刊オッターマン

ここで奏和の最大の失敗は、前回の宵越の攻撃で頭脳たる緒方が外にいる事!
そんな中で能京の頭脳井浦が攻めてきているんだ!!

33 週刊オッターマン

(おそらく)読者の多くが考えてた王道展開なら王城が出てリベンジなんだろうけど、ここで井浦初レイドか。
最高すぎるだろ

34 週刊オッターマン

井浦さんでる予想もあったけど、流石に王城と宵越いてだす理由ないやろと思ってたからこれはやられたわ
天才すぎ

35 週刊オッターマン

高谷の土壇場の判断力もすげえな。
敵陣の奥まで踏み込んで部長と宵越が攻撃に行くまでの数秒もぎ取るとか

36 週刊オッターマン

「攻撃手としての未練はないの?」ここで、しかも六弦相手に伏線回収!
すげー!


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第81話

37 週刊オッターマン

第19話 struggleの伏線がここで来た!!!!
井浦、足を掴まれても、地面に倒されてもキャントを止めないでくれー!

38 週刊オッターマン

カバディのアニメ公式ツイッターで井浦のキャラ紹介やってた。
本当にタイミングバッチリ


39 週刊オッターマン

井浦こそストラグルが一番似合う男だろ

40 週刊オッターマン

アニメ2期,3期と続いて奏和戦までやって欲しい。

41 週刊オッターマン

「俺にこの知識を教えてくれた奴は
もっと似合わなかったぞ」

今世紀最大の伏線を貼りやがった六弦…

42 週刊オッターマン

コート内に司令塔がいる良さを試合前にコーチが言ってたけど最後の最後で、
最後の最後まで遺憾なく発揮された…!

43 週刊オッターマン

井浦が六弦にストラグルの意味を教えてるのは19話ですよー!
単行本3巻ですよー!!

44 週刊オッターマン

井浦の表情が決心とか焦りじゃなくて、ただ純粋に勝つことだけ考えてる感じが最高にいい

45 週刊オッターマン

攻撃はしたいけど勝つ方がいいとサポーターに徹してた井浦がここで公式戦攻撃!!!!!

…通勤しながら泣いてます

46 週刊オッターマン

ここで一切の迷いなく攻撃に行けるのは、スポーツやってた人なら誰でも尊敬する強い意志がある!

47 週刊オッターマン

これは不破の記憶に井浦慶の名が刻まれる瞬間では?
「チームを頂点に導ける者が最強」ならそいつも候補だぜ不破さんよ


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第80話

48 週刊オッターマン

どんな展開でも少しご都合主義的なところあるよなぁと思ってたら全く予想外の展開来て感動した(まだ早い)

49 週刊オッターマン

奏和あと六弦と片桐と植野と栄倉で2点差か?

六弦も不意をつかれてるし、両翼に捕まらなければ体格で劣る井浦でも望みあるよな

50 週刊オッターマン

この漫画は本当に予想が不可能


攻撃手・井浦への持っていき方が怒涛のテンポ感あって天才過ぎる展開。
これは熱くならないって方が難しいです。

見開きで井浦がミッドライン超えてるのを見た瞬間に色んな感情が溢れてきて驚いた。
試合が繋がった熱い気持ちが一番に来て、すぐにその線をずっと超えたかった男の感情を考えずにはいられなくなった。

カバディを追いかけて追いかけて、一番もがいてる選手と言っても過言ではないと思う……。

はぁーー……この展開は……本当にお見事としか言いようがない。
完全に熱くさせられてしまいました。

どんな結果になろうとも受け入れる!
だから目一杯レイドしてくれ!
井浦ーー!!

しぃ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする