【灼熱カバディ】202話感想まとめ 作者は灼熱過ぎる展開しか描けんのか?世界組6番・山田駿、躍動。


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第202話

灼熱カバディ第202話「世界組6番・山田駿」感想まとめ

1 週刊オッターマン

山田…笑えるじゃねぇか…

2 週刊オッターマン

やったー!嘘だと言ってくれた!!!!

3 週刊オッターマン

言えたじゃねぇか……

4 週刊オッターマン

タイトルで息を呑んだ……
嘘にしたんだね、地獄行き…サッカー部監督も以前言ってた

5 週刊オッターマン

山田覚醒は嬉しすぎる!!
次週以降怖すぎwww

6 週刊オッターマン

山田に感情移入してしまうけど部長の悲痛な顔見てしまうと何ともいえねぇ気持ちになるよ

7 週刊オッターマン

山田…
肩書きタイトルは毎回最高の回やで…

8 週刊オッターマン

ジョージも引退してほしくないぞ!

9 週刊オッターマン

山田の非常に繊細な表情の表現に脱帽


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第202話

10 週刊オッターマン

何も知らずにポムッされる冬居くん

11 週刊オッターマン

これ、マジでどっちか負けんの?

12 週刊オッターマン

やっぱり嘘じゃないかあ!!(歓喜)

13 週刊オッターマン

敵なんだよ、主人公側が勝って欲しいんだよ…。
なのに何でこんなに嬉しいんだよ!!!

14 週刊オッターマン

毎週思うけど、連載の仕方がうまいんよ
この作者様は

15 週刊オッターマン

この内容でタイトルの「世界組6番・山田駿」はやばい

16 週刊オッターマン

再燃したぁーーーーー!

17 週刊オッターマン

世界組レベルじゃなくても絶対こういう挫折って経験するよな

18 週刊オッターマン

山田…これ以上主人公と読者を困らせないでくれ…

19 週刊オッターマン

ほんの一瞬のために、、、
それがスポーツの醍醐味なのだよ、山田さん、、、
本当にかっけえです

20 週刊オッターマン

変な言い訳せずに遊び倒して休載を断言するの好き

21 週刊オッターマン

才能が本物の天才とは違うから地獄行きっていうことは分かってる、
でもそれを超える熱さがあるんだよな山田

22 週刊オッターマン

くそーヨイゴシー負けたかー

23 週刊オッターマン

今まで見た中で最高の嘘だわ

24 週刊オッターマン

地獄行きに恐怖して前へ進む、、、
これもまた灼熱じゃねえか!

25 週刊オッターマン

圧倒的な差で勝っているにも関わらず、負けているかのような展開になってきたな

26 週刊オッターマン

ガッツポーズしてる時の顔映さない演出上手すぎ
表情描くの得意な作者さんだから余計際立つ


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第202話

27 週刊オッターマン

英峰の時も思ったがチーム一丸で天才を止めるのは涙が出るな…
おめでとう奥武、ありがとう山田…

28 週刊オッターマン

主人公負けたのに神回や

29 週刊オッターマン

山田レイドでも活躍してくんねぇかなぁ

30 週刊オッターマン

山田も結構天才側なんじゃないの?
ヴィハーンや不破レベルじゃなくてもさ

31 週刊オッターマン

スポーツ特有の苦しみ、地獄だよなぁ。
でも、辞められない。

32 週刊オッターマン

カバディは団体競技なんだから1人の力で何とかしようとしなくてもいいんだよ。
最強を活かす縁の下の力持ちでもいいじゃないか。

33 週刊オッターマン

毎回敵の高校に言いたくなることがある

お前らもう優勝しちゃえ

34 週刊オッターマン

好きなことだからって頑張るのが辛くないわけじゃないんだよな。
でもそれでも続けてしまうのが好きなことなんだろうな。

35 週刊オッターマン

みんな覚醒していくけど、それのきっかけが宵越なのがいいね

36 週刊オッターマン

地獄行きか、のところの山田の喜怒哀楽すべてが混じり合った顔がたまらねえ

37 週刊オッターマン

山田本当人間臭くて好き
1番好きかも

38 週刊オッターマン

山田の覚醒は素直に嬉しいけどここでローナは能京きちーーーーーーー

39 週刊オッターマン

山田を倒したい宵越と山田の復活を託す部長と、
そこに入っていけない井浦慶で泣いたんですが…

40 週刊オッターマン

英峰より覚醒奥武の方が星海に勝ちそうだよなぁ…

41 週刊オッターマン

頼むって部長の泣きそうな顔からのこんな熱い掌返しないでしょ…!
こっからの山田さんにめちゃくちゃ期待しちゃうよ!

42 週刊オッターマン

なんだよ嘘だったのか
すっかり騙されちまったよ(泣)

43 週刊オッターマン

山田はIQが高いんだろうな。
効率厨であったりかなり先の未来まで見えてしまうあたり。
自信付いたら強いぞこれは。

44 週刊オッターマン

宵越の回転技を途中で離すことで回避する方法はもしかして山田さんが初めて…?

45 週刊オッターマン

山田への余韻に浸りたいけどそろそろ能京やばいって!!!

46 週刊オッターマン

復活山田にすぐ呼応するチームメイトが最高すぎた!
先生盆休みはしっかりお休みください!

47 週刊オッターマン

山田が佐倉を倒してる回想あったよね?
回転は対策済みなんかな?
山田カバディIQ高すぎやろ!!


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第202話

48 週刊オッターマン

ヴィハーンと山田の苦しそうなカバディに笑顔が戻って来てくれて本当に嬉しい


山田……。
本人にとってはこれからどれだけ大変な思いをすることになる決断だったとしても、傍観者である読者からすると最高に熱くて最高に嬉しいんだ……。

昔から幾度となく言ってるであろう「俺についてこい!」って台詞が山田の“突拍子もないことをしでかすお調子者だけど憎めない性格”を表してるし、チームを突き動かす信頼感に繋がってて灼熱すぎる。

このローナと次のヴィハーンの攻撃で能京は全く安心できない状況になる?
残り時間と点差が分かっててもそこまで状況が分からないのはマイナースポーツの良さでもあり悪いところでもあるか。

どちらにせよ非常に厄介なプレイヤーが二人も絶好調になってしまったのだから驚異であることは間違いない。

今度は能京守備の凄いところを魅せてくれ!!!!

カバディ! カバディ!! カバディ!!!

しぃ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする