【灼熱カバディ】164話(前編)感想 想定とは違う状況を制すのは!?小さな差がデカい!


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

灼熱カバディ 第164話「世界組4番・六弦歩」感想まとめ

1 週刊オッターマン
キャントの声の小ささと動きのギャップがマジで魔王

2 週刊オッターマン
タイトルが外園敗戦の回と同じ感じなんだな・・・

3 週刊オッターマン
来週までキャント持たねえよ。。

4 週刊オッターマン
ぶ、部長…より一層目が魔王になってません…!?


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

5 週刊オッターマン
ここで切るか……っ!!
続きが気になりすぎる

6 週刊オッターマン
それでも部長の勝ちかな?

7 週刊オッターマン
どうなるんじゃーい!
片桐頑張ってほしいと思っちゃってるわ

8 週刊オッターマン
どっちも負けてほしくないけど、やっぱり魔王に勝ってほしいという感情が入り混じっている……!

9 週刊オッターマン
決着を見るのが怖い…でも、早く先を知りたい!

10 週刊オッターマン
6ページの部長の動きが完全にラスボス


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

11 週刊オッターマン
知らなかったか?
魔王に同じ技は通じない。

12 週刊オッターマン
お互いに同じ手は2度くわないって考えてそうなのが良い


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

13 週刊オッターマン
部長、今までで一番禍々しい眼をしてる…

14 週刊オッターマン
歩って名前だったのか

15 週刊オッターマン
終わりだ…!のコマ魔王滲み出てて草

16 週刊オッターマン
最後のページの宵越なんかタンコブ出来てるみたい

17 週刊オッターマン
「気づいたら触られている」、これが王城の最も怖いところよな。
初期の時からそれは変わってない


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

18 週刊オッターマン
主人公とは…ってのは常套句だけど、宵越が繋いでくれたから練習試合とは違う最後の部長なんだよな。

19 週刊オッターマン
ジョージが負けた時と似たようなタイトルなせいで嫌な予感がするぞ…
やっぱ六弦負けちゃうのか…

20 週刊オッターマン
カウンター直後だから王城はまだ浮いている筈…
片桐の覚悟は魔王に届くのか…!

21 週刊オッターマン
レイドは守備少ないと圧倒的に楽だし、ある程度余裕もできる。
だけど守備の人数少ないときに倒れると、その分失望も大きい。

22 週刊オッターマン
六弦がカバーに届きそうな展開だな
片桐をかわした部長に

23 週刊オッターマン
冴木の ピクッ 何に驚いた?
片桐に対してだと思わせて
六弦の動きに一票!

24 週刊オッターマン
最初は能京に勝ってほしい気持ちが10割だったはずなのに、いつの間にか奏和の夏も終わって欲しくないとも思ってしまっている…

25 週刊オッターマン
誰の努力が報われるのか

26 週刊オッターマン
カバディ公式ルールによると同点になった場合、両チーム5人ずつレイドして得点が多い方が勝ちらしい
見てみたくない?

27 週刊オッターマン
ファイブレイドは動画で見たことあるけど、どっちか2点取った段階で押し返しでほぼ決着に見えて辛かったな……

28 週刊オッターマン
流石に部長がここで片桐に負けたらいかんやろう
よって宵越の出番はなく終局

29 週刊オッターマン
触られた瞬間の六弦、見たことないくらい焦った表情してる


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

30 週刊オッターマン
お互い敵側のコートサイドが見えてるのがカバディらしくて良いね

31 週刊オッターマン
味方がいる事がデメリットか、
世界戦で勝てないわけやな。


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

32 週刊オッターマン
冴木が下の名前で呼びそうになってから六弦って言い直したのグッと来たんだけどわかる人いる?

33 週刊オッターマン
ここまでの集大成が詰まってて熱い。
そして冴木が反応したのは片桐か、はたまた別の要因なのか…。

34 週刊オッターマン
カウンターで倒された11ページ3コマ目の高谷、あんな悔しそうな顔するの初めてじゃないか?

35 週刊オッターマン
ヤベェ……気づくと呼吸を忘れてる……
読者も強制的にカバディに参加させるほどの灼熱だ

36 週刊オッターマン
片桐の粘りで六弦が追いつきそうだけど、若菜の粘りで神畑に追いつかれ倒された王城が同じテツを踏むはずない!と信じてる

37 週刊オッターマン
カウンターに対する覚悟が見たくて135,136話見直してきた


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

38 週刊オッターマン
六弦は身長180超えてるイメージやったわ

39 週刊オッターマン
ここで部長勝ってくれないと副部長も報われない……

40 週刊オッターマン
六弦と同じことしても部長は倒せないと思ってしまう。
宵越みたいに予想の上を行かないと

41 週刊オッターマン
六弦175cm、王城171cm。
意外と身長差はない。
まあ六弦はあのガタイで180超えてたら絶対80kg制限ひっかかるし…


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

42 週刊オッターマン
冴木さんが地味に好き。
過去を知る切れ者目線の解説。
外園さんの情緒的な解説(実況?)も好きだけど。笑

43 週刊オッターマン
部長が宵越のイメトレ(シャドーカバディ)相手が誰か分かったように、
木崎にも分かったのね。やるじゃん。

44 週刊オッターマン
最後のコマで準レギュラーくらいのセリフを吐いてるのが主人公ですよ~みなさん

45 週刊オッターマン
最後の勝負は切ないな
メジャースポーツでも高三の大会がほぼ最後の機会だ
両方とも続けて公式戦で再戦なんて普通無い

46 週刊オッターマン
どうか部長に怪我だけはしないでほしい…
した方がカバディ的にはリアルなのかもしれないけど

47 週刊オッターマン
冴木の発言からすると、他の世界組は身長か得意分野が変わってるのか?


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第164話

48 週刊オッターマン
部長中学で170超えてるって思ってなかった
昔はでかい方だったんだな

49 週刊オッターマン
まだ1週間もあるのか


最近よく見るTwitterで1話目が読める系宣伝。
嫌いじゃない。
検索から来た人も是非どうぞ。
2話目も読めます。

今回の部長は六弦と高谷にしかストラグルしてないと思ったんだけどどうなんだろう。
片桐はカウンター喰らった高谷の体を使って押しつぶしたのかなと。
それくらい際どい特攻ではあったんだと思いたい。
それかローナして守備復活するより1人残して確実に時間を潰すこと優先みたいな。
カバディのセオリー分かってないけど……。

んで次回で片桐の覚悟を喰った部長が片桐にもストラグル入れて帰還、ローナという流れが滅茶苦茶シビれると思う。

部長には一試合一度は大量得点してもらわないと物足りないなぁ。

しぃ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【灼熱カバディ】164話(前編)感想 想定とは違う状況を制すのは!?小さな差がデカい!』へのコメント

  1. […] 参照:https://weekly-otterman.com/kabaddi164 […]