【灼熱カバディ】193話感想まとめ 実りは少なくともただ直向きに……狂気じみたレイドはカバディへの愛そのもの!


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

灼熱カバディ第193話「少ない実り、大きな敬意」感想まとめ

1 週刊オッターマン

部長が大魔王すぎる…

2 週刊オッターマン

おかしいな?
読んでたのホラー漫画だったっけ?

3 週刊オッターマン

これがラスボス、、


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

4 週刊オッターマン

山田は凡人の指導の仕方をよく知ってる。
解像度が低ければ~はまさにその通り。
出来ることを探して、そして狂人には負ける。

5 週刊オッターマン

5ページのお顔、ヨイゴシと人見なら泣いちゃうやつやん

6 週刊オッターマン

仲間への伝え方から対策まで理論的で行けそうだったんだが魔王か

7 週刊オッターマン

やっぱり魔王なんよ

8 週刊オッターマン

カバディへの敬意を払い続け、今後もその覚悟がある部長は強い

9 週刊オッターマン

ここ最近の六弦の誇らしい顔マジで草

10 週刊オッターマン

山田くん将来指導者とか監督にならないかな

11 週刊オッターマン

5ページ目の部長怖すぎw

12 週刊オッターマン

部長は本当に攻撃のことしか考えてないっていうのが、力を求めることに繋がってるんだな。

13 週刊オッターマン

精神と肉体を調和すればヒョイwww


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

14 週刊オッターマン

魔王描写、回数重ねる毎に迫力増してて次やる時はもう人の形保ってないんじゃないかと思ってしまう

15 週刊オッターマン

初見の人に部長が主人公サイドの人間だって言っても信じてもらえなさそう

16 週刊オッターマン

変…天才のエージ・クノー


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

17 週刊オッターマン

頼れる部長も他校から見たらあんなんなのか

18 週刊オッターマン

なんで笑ってるかって?そりゃあ愛が深いからだよ。

19 週刊オッターマン

山田の指導法もなるほどなってなるし、考えたことをプレーできる努力や才能も凄いけど、魔王が魔王すぎた。


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

20 週刊オッターマン

部長の凄さが目茶苦茶伝わって最高でした。
それにしても料理上手、ファッションダサいって前情報も伝えるなんてサンダー策士だな

21 週刊オッターマン

六弦は部長の真似事って言われてて、それはそれで良さだろうけど、
部長は必要なタイミングで躊躇なく力も使ってくるから強いよな

22 週刊オッターマン

そのうちアンティの事食べるぞ部長

23 週刊オッターマン

王城はやはり【愛】って言葉が一番似合う男やな。

24 週刊オッターマン

変…天才の説明は理解フノーやね

25 週刊オッターマン

山田は冷静に分析したり対策練ったりで強キャラやけど、
おそらく完全上位互換の冴木が今から怖い

26 週刊オッターマン

山田やっぱお前もうちょい頑張れば上行けるって……
めちゃくちゃ勤勉だし何気に外園に近いリーダーシップ持ちじゃん……

27 週刊オッターマン

めちゃ怖い魔王だったはずなのに最後のページの無邪気な笑顔が素敵すぎるんよ~~~

28 週刊オッターマン

山田の心がこれ以上擦り減るの見るの辛いな…
辞めるにしても部長のカバディへの向き合い方に触れていい方に吹っ切れて欲しい…

29 週刊オッターマン

魔王は本当にカバディに全て捧げてるよなぁ…
筋力勝負できなくとも捨てたわけじゃない。
自分にできるあらゆる努力をしてる


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

30 週刊オッターマン

山田君の手書き文字キャワイイじゃん……

31 週刊オッターマン

六弦がこの完全制止身につけたら無敵じゃん


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

32 週刊オッターマン

プロが選ばなかったんじゃなくて、プロになれるようなやつは選ぶ必要がなかったんだろうな。


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

33 週刊オッターマン

実りが少なくても呼吸をさせられるくらいの力はつけたの伊達水澄の後輩マッチョが筋トレのトレーナーしたからこそだと思う

34 週刊オッターマン

部長の足首山田の手が一周するほど細いんだな、、


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

35 週刊オッターマン

部長と六弦の格落ちなくてよかった…
やっぱあの二人は最強の矛と盾であり続けて欲しいな

36 週刊オッターマン

山田が精神的にも肉体的にもボコされるほど読者は山田が好きになり、
山田覚醒フラグが乱立していくという循環

37 週刊オッターマン

自分を高めるために、苦手なことだろうと挑戦し、プライドもなく後輩に聞ける
素晴らしい選手だ

38 週刊オッターマン

外園も仲間には王城をユーモラスに説明して自分は全力警戒するってしてたよね

39 週刊オッターマン

あれは俺のやった完全静止て、ヒロの株がうなぎのぼりだよ


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話

40 週刊オッターマン

山田駿、今までの描写的にパワーやスピードが飛び抜けている訳じゃないのかな。
技術だけで世界組6番とか、やはり天才側だよ。

41 週刊オッターマン

怖さを伝えず和ませたナイスガイならいたぞ。
外園って言ってな?

42 週刊オッターマン

プロが使わなかった技で倒される山田→山田の中でプロと言う尺度が壊れる→山田が覚醒する→灼熱

43 週刊オッターマン

使えるものはなんでも使う、例え手に入るか分からなくても実りが少なくてもほんと貪欲

44 週刊オッターマン

本当に部長の真髄はカウンターや長年の経験じゃなく、カバディに対する愛、執着だよなぁ。
ブレないの強い

45 週刊オッターマン

これつまり騎馬ディによって齎されたあの機材が!
ありがとう野球部!ありがとう安堂!ありがとう錦野!

46 週刊オッターマン

きっちり攻撃手追い出してる所も怖いよな

47 週刊オッターマン

そういや亜川ちゃん攻守万能って言ってたね変…クノーのこと

48 週刊オッターマン

これが愛なんだよなぁ…。


出典:武蔵野創『灼熱カバディ』第193話


部長の儚く思えるほどのカバディへの愛と敬意……大好きだけど不安になる。
カバディは競技の性質上どうしても怪我がつきまとうだろうし決勝リーグは長いからなぁ……。

それにしても部長の攻撃はやっぱ凄いわ。
実力が凄いのは言うまでもないけど魅せ方のバリエーションが凄い。
間違いなく部長は主人公の一人だと思う。

つくづく脇役がいないなって。

奥武戦も終盤に向けてどんどん盛り上がっていきそうだなぁ。

カバディ……カバディ……。

しぃ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする